スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.04.13 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    原木輸送の今昔

    0
      原木? 輸送? 原木輸送って何??? と思われる方、多いのではないでしょうか。
       
      原木=伐採した状態の木材
      輸送=人力 牛馬 船 トラックを用いて移動
      原木輸送とは、伐採した状態の木材をトラックで輸送することです。
       
      そんなこと誰でもわかるよ‼ なんて叱られてしまいそうですが、これが実に奥が深いのです。
       
      日本の山(現場)は季節ごとに色々な表情を見せてくれます。
      春は雪解けとともに、木々につぼみが付き始めます。みんなウキウキしてきます(*^_^*)
      山には山菜も豊富で、つい山菜に目が行ってしまいそうになります。(^O^)
      夏の山は最高に気持ちがいいです。
      青々した葉は本当にきれいですし、何より涼しいです(*^_^*)
      秋になると紅葉が見事なこと。
      ゆっくりプライベートで訪れたくなります。
      冬は厳しいですよ〜‼ しかしここが一番重要‼ 日々の安全運転をここでも発揮します。
      チェーンを巻いて、ゆっくりゆっくり進んでいきます。
      そしてまた、春は訪れます。
       
      会長の父 堀米保は馬で原木輸送をしていました。
      今から70年前のことです。奇跡的にまだ幼い会長と馬の写真が残っていますので、いつかみなさんにも見ていただけたらと思います(*^_^*)
       
      時代は変わり、トラックによる原木輸送が主流になります。今から60年ほど前のことです。
      当時のカヤノ平には、東北、北海道など日本中から多くの林業関係者が集まり伐採が盛んに行われていたそうです。
       
      多くの先輩方が林業を守ってくれた、国土を守ってくれた、日本の伝統を守ってくれたことに感謝し、これからも安全に原木輸送を頑張っていきます(*^^)v



      JUGEMテーマ:原木輸送


      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:6 最後に更新した日:2015/04/13

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM